学長なんでもノート

あなたのふるさとの風景は?

こころ疲れて山が海が美しすぎる 

放浪の俳人・種子田山頭火が、長崎の川棚で詠んだ句といわれています。

山頭火ほどにはまったく疲れてないけれど、ここ数週間、必要があって高校を訪問する日々でした。佐賀、福岡から、長崎は、長崎市内、諫早、大村、佐世保、島原、五島と、ほとんどが車を運転しての移動でした。

山頭火は、心を病むほどに疲れていて、そんなとき、何気なく目に入ったいつもは見慣れた山も海も美しすぎると思ったのでしょう。

僕は、運転により、腰が痛くて、山が海が美しすぎる かな。なあんて。

それでも、これが大都市で、高校訪問をたくさんこなすとなれば、それこそ心身は疲れまくっただろうなとは思います。電車に乗ったり降りたり、雑踏をかき分けて進んだり、そんなことの連続だったら。

今回は、道中の海や山の景色、文化遺産、それこそ歴史を感じさせる高校の佇まいにも、どれだけ癒やされたかわかりません。ほんとうに九州は素晴らしいなと実感しました。なかでももっとも印象に残っているのは、五島のコバルトブルーの海です。まさにかけがいのない風景だと思いました。佐賀女子短期大学に在学している学生の多くが、そんな自然と文化をふるさととして、育ってきた、ということを改めて認識する機会ともなりました。

ところで、最近、興味深い研究調査結果を目にしました。

東北大学の細田千尋准教授が、「プレジデントオンライン」に発表していたものですが、タイトルは、『「世界38ヵ国40万人の調査で判明」田舎育ちの人の方が都会育ちよりも優れている“ある能力”』です。どんな能力かというと、「ナビゲーションの能力」だというのです。そこには育った環境の地形が影響していて、「不規則で複雑であるほど、その能力は高かった」というのです。海、山、川、森などで子どもたちが遊ぶには「頭の中で、地形などの複雑な立体構造や自分の位置や状況など」自分がいる空間を常に意識しないといけない。他方、「整備され直線的でシンプルな地形を持つ都市で育つとそれほど強い意識をする必要がないのです。

なるほど。

それで考えたのです。これはどうやら、九州からなぜ次々とすごい漫画作品が生まれているのかということへの答えになるのではないかと。「ちはやふる」、「鬼滅の刃」、「SLAM DUNK」、「ONE PIECE」、「進撃の巨人」、「キングダム」などなどなど続々といます、います。

漫画家たちのふるさと・九州の不規則で複雑な地形、しかも美しすぎる風景が、彼らの「空間認識能力」と美意識を育てたのだと思います。

「君の名は」、「すずめの戸締り」など、僕が好きな作品の作者、新海誠は、九州出身ではないですが、長野県出身で、高校時代、小海線の小さな電車の窓から高い山、変わりゆく空の表情、太陽の変化に変容する水田を飽きることなく、見つめていたといいます。

ふるさとの風景は、みなさん一人ひとりの成長に何を与えてくれたでしょうか、新緑の5月に、そんなことを考えてみてはいかがでしょう。

佐賀女子短期大学学長 今村 正治

もちろんどなたに読んでもらっても、とってもありがたいのですが、やはりウチの学生に見てほしい、そんなつもりで毎週そのときどき思っていること、もやもやしたこと、すっきりしたこと、笑えることなど、あれこれ、学生に伝えたいことを中心に肩の力を抜いて書いていこうと思います。

ときには、この本おすすめですと学長書店になったり、この映画すごいよ!と学長シネマになったり、なんでも学びと考える僕の「学長なんでもノート」始めます。

あなたのふるさとの風景は?
木漏れ日を浴びながら CINEMA IMAMURA「PERFECT DAYS」
今のいままで ー能登半島地震からひと月
「初心忘るべからず」ということ                新年・今村書店は、『なぜ学ぶか』(出口治明著) 
もう降参です・・・。回文の絵本『よるよ』今村書店 学長ノートNo.35
「超・進化」、自分をあきらめないー『ピンヒールで車椅子を押す』今村書店
かささぎ祭「超・進化」
BTSから、李参平への旅 今村書店『日本の中の朝鮮をゆく』九州編
ブレイン・ワークアウト 自分の脳を鍛える 今村書店
「トロッコ問題」とCINEMA IMAMURA『福田村事件』
1 2 5
  • 佐賀で介護福祉士になろう!
  • 全コース韓国留学
  • 認定絵本士養成講座
  • 保育士・幼稚園教諭取得特例講習
  • 若楠会
  • 一般財団法人大学・短期大学基準協会による令和2年度短期大学認証評価の結果、的確と認定されました。